車買取時の走行距離の関係

車買取 走行距離

日本の車買取では、走行距離を中心にチェックしています。

車買取 走行距離

車は消耗品なので使い続けるうちに部品が劣化して正常に動かなくなります。

その中でも走行距離が長いと、寿命が短いと考える査定士が多いです。

日本自動車査定協会は、1年間で1万kmという基準を作っています。

日本自動車査定協会

車買取の時に5万kmを超える車を多走行車、10万kmを超える過走行車と呼び、過走行車は故障が多いとされ買い手がつきにくいです。

反対に走行距離が短すぎる車も車買取では高く評価されません。

これは、車をあまる動かしていないことを意味するので、ゴムの劣化やサビが進行していると判断できるためです。

特にサビは一度付着すると完全に除去できないので、部品を交換することとなり、中古車として売る前にお金がかかります。

適度に車を使うことで、1年間に1万kmの基準と近くなります。現在は車の性能が高くなっているので、過走行車でもエンジンの故障が無い場合もあります。

年式が新しければ見た目もきれいです。日本の車は、その技術の高さから東南アジアを中心とした海外で人気を集めています。

すぐに故障する場合を除いては、過走行車でも海外に中古車として輸出するルートがあるので、売れないわけではありません。

不動車で車買取専門店に相談すべきです

事故を起こしたり、川に水没させてしまったり、長くガレージなどに放置していたためにバッテリーが上がって動かなくなった、というような場合、いわゆる不動車ということになるのですが、廃車にするしかないと思っている人もいるようです。ただ、そのような決断をしてしまう前に、買取専門店を呼んで相談しておくことをおすすめします。

不動車 車買取

まず、バッテリーを充電してやれば動くというのなら、どの業者でも喜んで買取ってくれます。

自走しない車の場合でも、一応普通の中古車屋さんに査定してもらっておくと良いですが、念のため不動車を専門に扱っているお店にも見てもらっておく方が無難です。中には処分代としていくらか請求されてしまうこともあるのですが、不動車を買取ると宣伝しているところなら、まずその心配はありません。

不動車 処分

では、ここで疑問となるのが、動かないものを引き取ってどうするのかということになるのですが、決して怪しげな業者というわけでなく、エンジンをはじめとして、車には売れるパーツというのがたくさんあります。

場合によっては、ドア一枚ですら売却が可能なのです。そのため、例え車が動かないのだったとしても、業者はお金を払って買取っても、十分に儲かるのです。

スクラップにする前に中古車買取業者に査定してもらう

事故などを起こして、安全な走行ができなくなった車がある場合には、すぐにスクラップにするのではなく、複数の中古車買取店に査定をしてもらうとよろしいです。

愛車をスクラップにする前

事故車であっても車の価値はあります。ご自身の判断で廃車手続きをしてしまいますと、リサイクル料金や廃車にかかる費用を徴収されるだけです。

また、ご自身で廃車の業者に中古車を持っていくことも難しい場合もありますし、走行はできても、その手間が面倒です。

中古車の買取業者ならば、最終的には自宅に訪問見積りに来てくれて、査定を価値ある価格で買取をしてくれるようになりますと、廃車にする費用を負担しなくても済む場合も多いに考えられるのです。

中古車の買取業者は、修理をしなければ乗ることができない車の場合には、最終的にスクラップをすることになるかも知れませんが、事故とは全く関係のない新品の部品などを取り外して、中古部品の市場に流せば良いので、損失だけを被るのではないのです。

中古車 部品市場

業者にとっては、どのような車でも宝の山、売上や利益のもとになると考えれば良いので、事故車を売却する際にも卑屈になる必要はなく、普通に高く売却ができるよう、価格交渉をすればよろしいのです。

車の有効利用をしないことは資源の有効活用という観点からもよろしくないことです。